カンテムス少女合唱団来日公演 歓迎演奏

場所◆いずみホール

指揮◆しぶやかよこ

ピアノ◆宮﨑未来

曲◆

子どもと女声のための「27の合唱曲集」から
さぁ踊れ
怠け者の唄
(おくむらやお 訳詩/B.Bartok 曲)

同声合唱と打楽器のための組曲「ぼくらの森」から
どこからやってきた
ぼくらの森
(丸尾喜久子 詞・曲)

 

20160804_0

カンテムスJapan Tour2016の最後は昨日の大阪。7月22日から東京・名古屋・神戸など9カ所で行われたコンサートはどこの会場でも素晴らしい演奏だったと思うけど、昨夜のいずみホールでの演奏はホントにホントに本っ当に素晴らしかったです。ここ何回かサボー先生が来日されるたびに聴いていますが、昨日のコンサートが私の中では一番。まずサボー先生がめちゃくちゃ乗ってらしたし、歌声の安定感とか響きのバランスとか、まあそれは当たり前に素晴らしいんだけど、とにかく昨日は良かったんです。圧倒的なサウンド、ずーっと聴いていたい、終わってほしくない感じでした。

池田ジュニア合唱団には普段20:30就寝の子も大勢います。そんな小さな子たちも歓迎演奏での堂々とした歌いっぷり、それに終演予定時刻の21:00を大幅に過ぎた長いコンサートだったにも関わらず、一番前の席でお行儀よく聴けたことを褒めてやりたいです。歌の内容は全然わからなかっただろうけど、頭に体にそして心に、強烈に響いたことでしょう。いろいろな面で私を助けてくれるくらい頼もしくなってきた最高学年の高校1年生の4人は、カンテムスのメンバーが同じ年代だということで大いに刺激を受けたと思います。みんなで聴けてほんとに良かった!幸せです。

サボー先生とカンテムスの少女たちは韓国ツアーに向けて先ほど関空を出発されたそうです。日本に入る前が中国。歌う技術だけではなく、体力もすごい。みんなよく食べよく歌います。私もニーレジハーザに行くという新たな目標ができました。この機会を下さった方々に心から感謝の気持ちでいっぱいです。そして一緒にステージに立つことができた夙川エンジェルコール、混声合唱団エヴァグリーンの皆さん、ありがとうございました。

(しぶやかよこFBより)